Apple LIFE ブログ

【ブログ用画像】MacのAutomatorで画像を簡単に圧縮する方法

【ブログ用画像】MacのAutomatorで画像を簡単に圧縮する方法

ブログを書いてる方々向けの記事になります

ブログで使用する画像は圧縮をしていますでしょうか

 

Pixabayやphoto-acなどたくさんのフリー素材サイトが存在していますが、そのまま使用すると、大きいものだと1MBも使ってしまいます

 

ブログでの読み込み速度はSEOに関係してくる重要な要素のひとつなので、画像はなるべく軽い方がいいです

 

ブログで使用する画像の最大の大きさは200KBと言われています

 

この記事ではAutomatorを使ってダウンロードした画像を一瞬で圧縮できる方法を紹介しています

 

この記事を書いた人

画像圧縮の実際の流れ

実際にこのショートカットを作成することで、どのように画像圧縮ができるようになるのかをまず紹介します

 

ダウンロードしたり、スクショした画像を選択する

画像を選択

 

右クリックをして、「画像を圧縮する」を選択

画像を圧縮するを選択

 

すると、ブログ用のファイルに圧縮済みの画像が保存される

 

以上の3の手順だけで画像を圧縮することができるようになります

 

圧縮前は500KBほどあった画像が、100KB程度に抑えられるのでブログをやっている方は必須ですね

Tomo

 

Automatorの作成手順

 

ここからが本題のAutomator作成手順になります

内容自体は何も難しくないので、真似をする形で作成をしてください

 

ブログ画像用のファイルを作成

最初にブログ画像を保存するファイルを作成しておくと便利です

 

デスクトップで右クリックし、「新規フォルダ」を作成

新規フォルダを作成

 

ファイル名はなんでも良いですが、私は「ブログ用画像」としました

ファイル名を変更

 

Automatorでの操作

 

「新規書類」を作成

MacでAutomatorを起動したあと、ファイルの画面が出るので、左下の「新規書類」を選択

新規作成を選択


「クイックアクション」を選択

次の画面で何を作成するのかを聞かれるので、「クイックアクション」を選択

クイックアクションを作成


Finder項目をコピーをドラック

左側のメニューの中に、「Finder項目をコピー」があるので、それをドラックして右側のスペースに入れます

Finder項目をコピー


保存先を選択

保存先を先ほど作成したファイルにします

保存先を選択

 

選択すると、候補が出てきますがその中にない場合は「その他」を選んでデスクトップに作成した「ブログ用画像」を選択してください


イメージタイプを変更

次にイメージのタイプを変更します

JPEGやPNGなどがありますが、JPEGの方がファイルの容量として軽いので、ここではJPEGを選択します

イメージタイプを変更


Finder項目の名前を変更

『これは圧縮した画像だよ!』と分かるように『_compressed』を追加しましょう

追加する名前はなんでもいいのですが、英語の方がかっこいいのでcompressed(圧縮済み)にしましょう

Finder項目の名前を変更


イメージサイズを調整

画像の横幅を調整します

基本的にブログに使われる画像は、横幅が1080だとぴったりに収まります。心配な方は自身のブログの横幅を確認してみてください

イメージサイズを調整

 

 

注意

これを追加するときに、警告のような画面がでることがあります。

内容としてはコピーを作成して、元の画像を変更しないようにするかという問いなのですが、1番上でコピーしているので、『追加しない』を選択してください


シェルスクリプトを実行

最後にシェルスクリプトを実行を追加します

以下のコードをコピーしておいてください↓

for f in "$@"  
do  
  # PNG  
  [`basename "$f" .png` = `basename "$f"` ] || {  
    /usr/local/bin/pngquant --force --ext .png 256 --quality=70-90 "$f"  
  }  

  # JPG  
  [ `basename "$f" .jpg` = `basename "$f"` ] || {  
    /usr/local/bin/jpegoptim --strip-all --max=100 "$f"  
  }  
done

 

コピーした内容をシェルスクリプトを実行の中にペーストしてください

また、右上の入力の引き渡し方法を『引数として』に変更してください

シェルスクリプトを実行

 

最後に『シェル』の部分を『/bin/zsh』になっている場合は、『/bin/bash』に変更して完了になります

『/bin/bash/』に変更


ファイル名を保存して終了

以上でクイックアクションの設定は完了です

ファイル名を決めて、保存しましょう

ファイルを選択

保存する

ファイル名を決める

 

お疲れ様でした!

あとは最初に説明した通り、画像を選択して右クリックで画像を圧縮できます!

 

一度作ってしまえばずっと使える機能になるので、オススメですよ

  • この記事を書いた人

Tomo

生粋のApple信者大学生ブロガー。2021年3月よりブログを開設し、Twitterは開始1ヶ月でフォロワー600人。大学では経営学を専攻し。英語学習歴は2年で、海外経験はないが、TOEICの点数は800点台。

-Apple, LIFE, ブログ